【S13 レート2000達成構築】 反転世界メガラティアス


〜前語り〜

S13お疲れ様でした!どうもKAMEです。

無事、今季も新しいラティアス軸でレート2000を達成することが出来ました。しかしこの構築は使っていて思ったことは、相手の選出に依存して勝敗が決まってしまうことが多くあるので、安定した構築ではないと思っています。来季はさらに改良して2100目指していきたいです!


f:id:KAME_pokomon:20190106173554p:plain

双剣杯という対戦オフで、この構築を使っていました。


【構築経緯】

①使い慣れているメガラティアスを構築の軸としてスタート。


②アスカグヤと呼ばれラティアスの苦手なポケモン(exメタグロス,テテフ,カミツルギ)を幅広く対応できるテッカグヤを採用。


③アスカグヤでキツい積み物理アタッカー(exガルーラ,バンギラス,リザX)の引き先としてカバルドン採用。


④受け選出でカバルドンを選出した場合、水タイプや高火力特殊アタッカーが辛くなるため、D振りのドヒドイデラッキーを採用。


⑤最後に特性ぼうじんでキノガッサ対策にもなり、受け構築ミラーに強く出れるよう崩し枠としてジャラランガを採用しました。


【個体紹介】


f:id:KAME_pokomon:20190106192150j:plain

メガラティアス@メガ石

性格 : 臆病

努力値 : H252 B4 S252

技 : サイコショック/ミラータイプ/瞑想/羽


技構成としてサイコショック、瞑想、羽休めは確定として@1にミラータイプを採用しました。この技を採用した意図は、受け構築に確実に選出されるオニゴーリに後出しで対応出来る点です。他にも対面から起点にすることは難しいがサイクルの中でメタグロスナットレイなどの鋼タイプ、眼鏡テテフなどに打つことで本来止められてしまうポケモンに勝つことが出来て魅力を感じました。


f:id:KAME_pokomon:20190106194733j:plain

テッカグヤ@残飯

性格 : 生意気

努力値 : H164 A4 B204 D124 S12

技 : ヘビーボンバー/火炎放射/めざ氷/宿り木


ボーマンダに確実に勝てるように守るを切って、めざ氷を採用しました。守るを切った弊害として、こだわりが確定したコケコに対して技確認が出来なかったことくらいなので、使用感はとても良かったです。


f:id:KAME_pokomon:20190106200345j:plain

ラッキー@進化の輝石

性格 : 図太い

努力値 : H12 B252 D244

技 : 地球投げ/カウンター/電磁波/眠る


特殊受け+麻痺巻き要員。カウンターを採用することにより、コケコグロスなど積み技のない物理アタッカーに対してeasy winすることが出来た。本構築はヌオーがいないため、積み技のあるポケモンの前でカウンターをすることは絶対にしてはいけません。特殊受けとして重点を置くならカウンターではなく、瞑想の方が良かったです。


f:id:KAME_pokomon:20190106201525p:plain

ドヒドイデ@黒いヘドロ

性格 : 生意気

努力値 : H252 B116 D140

技 : 熱湯/どくづき/黒い霧/自己再生


物理と特殊アタッカーをある程度誤魔化せる優秀ポケモン。どくづきを採用した意図は、役割対象であるレヒレに毒びしや毒だと挑発瞑想レヒレに勝てないため採用しました。おかげで全ての型のレヒレに圧倒的な安定感を得ることが出来ました。また呪いミミッキュの身代わりを壊せる点もgood。Dに厚くした理由は、特殊ルカリオを安定処理したかったからです。剣舞地震は勝てません。


f:id:KAME_pokomon:20190106203135j:plain

カバルドン@ゴツゴツメット

性格 : 腕白

努力値 : H252 B252 D4

技 : 地震/氷の牙/あくび/怠ける


ガルーラやバンギラス、リザXなどの積み技を持った物理ポケモンの受け駒。ガルミミなどの役割集中に負けないようにテッカグヤドヒドイデと役割分担をすることが重要。カバルドンを選出した時は、ほとんどドヒドイデと同時選出でした。


f:id:KAME_pokomon:20190106204255j:plain

ジャラランガ@専用z

性格 : 臆病

努力値 : H4 C252 S252

技 : ドレパン/スケイルノイズ/火炎放射/挑発


特性が防音/砲弾/防塵がある中で今回はキノガッサ対策にもなる防塵で採用したが、相手のジャラランガが重いため、防音にした方が良かったです。初めてジャラランガを使用したが、フェアリーのいない構築に対して高い勝率を誇り、ジャラランガ+受け駒2体の選出がしやすかったです。またジャラランガを採用することで選出予想がしやすくなりました。


【基本選出】


vsテテフリザ系統

カグヤカバ@1  


vsカバマンダ系統

ラッキーカグヤ@1


vsヒトムグロス系統

カバカグヤドヒドorアスカバドヒド


vsガルランド系統

カバカグヤ@1


vsテテフランドゲンガー系統

アスカグヤラッキー


迷った時は、アスカバドヒドと選出してました。物理はカバで止めて、特殊はドヒドで止めて、カバドヒドで対応できないボルトロスキノガッサなどによる崩しをラティで止めるような感じです。



【構築の弱い点と重い並び】

剣舞ガルド+カプ・レヒレ

剣舞ギルガルドの場合、ラッキーの電磁波+ドヒドイデで処理しなければならないが、レヒレで状態異常を撒けないとなると、為すすべなく起点にされて負けることがほとんどでした。


オニゴーリ+ギルガルド

この構築はオニゴーリラティアスで見ているのでオニゴーリがいるとラティアスの選出が強要されてしまうため、ゴーリ+ガルドにも勝てません。


ジャラランガ+フェアリー

本構築はフェアリータイプがいないため、相手のジャラランガが重く先にジャラランガを展開したいが、相手にフェアリー枠がいると起点にできないので一方的にやられてしまった。


本来受け構築は全対応を目指して組むものですが、この構築は相手の型に依存してしまうので安定して勝つことが出来なかった点が弱かったです。


戦績報告】


f:id:KAME_pokomon:20190106205754p:plain


この構築の最高レートは2008ですが、レート20以上で勝つことは出来ないと判断したため、それ以降は別の構築で潜っていましたが、煮詰まり切っておらず203?いくつで溶けてしまったので悔しいです。来季は長いらしいのでより構築を煮詰めて2100目指して頑張っていきたいです。


何か質問があればkame_pokemonまでお願いします!









【S12使用構築】パーフェクトゾーンプレス ~メガアスサイクル~ 【最高2102/最終……】

【はじめに】
S12お疲れ様でした、どうもKAMEです。

f:id:KAME_pokomon:20181106200729j:plain

↑素敵なイラストを頂きました🙌


今季は受けサイクルをより深く学ぼうと思い、ラキドヒドムドーやヤミヌケなど色々な構築を試していました。しかしレートは中々あがらず、結局使い慣れているメガラティアスで新しい構築を考えたいと思い、試行錯誤のすえ完成度の高い構築に仕上がり、結果を残すことが出来たため構築記事として形に残しておきたいと思います。

【戦績報告】

f:id:KAME_pokomon:20181105161941j:plain

↑レート2000達成時
100戦以内でのレート2000達成は始めてだったので嬉しかったです😂

f:id:KAME_pokomon:20181104225316j:plain


f:id:KAME_pokomon:20181104225539p:plain


↑レート2100達成時

自身2回目となるレート2100達成でキャスも中々盛り上がっていたので良かったです💪


【使用構築と構築経緯】

f:id:KAME_pokomon:20181104231205j:plain


①使い慣れているメガ枠であり、受けサイクルを崩してくる特殊アタッカーのストッパーとしてメガラティアスを構築の軸として採用。


ラティアスが不利をとる相手のメガ枠としてあげられるのが、・メタグロスボーマンダ・リザX・ギャラドス・ガルーラ・ハッサムバンギラスなどの高火力物理アタッカーである。これらを受ける駒としてカバルドンポリゴン2を採用。


③受けサイクルで重くなる滅ゲンや、カプ系、ラティアスに投げされる特殊ガルドに対して柔軟に対応できるベトベトンARを採用。この枠はレート2000までメガルカリオ対策としてドヒドイデを採用していました。


④相手の受けサイクルや、確実に選出されるオニゴーリに対してある程度戦えるヒードランを採用。


⑤ここまでで重くなるジャラランガ、サイクルの最後の清掃要員、初手で数的有利をとるためのスカーフ持ちカプ・レヒレを採用。



【個体紹介】


f:id:KAME_pokomon:20181105003550p:plain


メガラティアス@メガ石

性格 : 臆病

特性 : 浮遊 → 浮遊

努力値 : HP252 / B4 / S252

技 : サイコショック/身代わり/瞑想/羽休め


普段は身代わりの枠を10万ボルトや流星群で使用していたが、今回は毒守グライ、毒羽サンダー、毒守ヒードランに重点をおいて身代わりを採用しました。瞑想+身代わりでpp枯らしも出来たり、ハメ性能がグッと上がるので採用価値は高いと思いました。選出率1位。



f:id:KAME_pokomon:20181105003230p:plain

カプ・レヒレ@拘りスカーフ

性格 : 控えめ

特性 : ミストフィールド

努力値 : C252 / B4 / S252

技 : ムーンフォース/なみのり/めざパ炎/トリック


本構築の地雷枠。初手に投げることがほとんどで、構築単位で重いカミツルギを何匹も出落ちさせてきた。下記で述べるヒードランステルスロックとの相性もよく、ある程度サイクルをした後に、最後のフィニッシャーの役割として働くことも多かった。選出率3位。



f:id:KAME_pokomon:20181105005340p:plain

ポリゴン2@進化の軌跡

性格 : 図太い

特性 : アナライズ

努力値 : HP244 / B252 / C4 / D4 / S4

技 : イカサマ/冷凍ビーム/トリックルーム/自己再生


高火力物理アタッカーを受ける枠。アナライズにした理由は、HDマンダやHDグライなどに多少強いと思ったからです。正直トレースでも良かったです。起点になりやすいので相手にポリ2からの崩しができるポケモンがいるときは立ち回りに注意することが大切です。起点回避と全体的に素早さの遅い構築であるため、切り返しにトリックルームを採用していたがメガギャラがキツいので、この枠を10万or放電に変えても良かったと思います。21チャレで頑張ってくれた最強ポケモン。選出率2位。



f:id:KAME_pokomon:20181105010342p:plain

ベトベトン(アローラ)@イアの実

性格 : 意地っ張り

特性 : 食いしん坊

努力値 : HP132 / A148 / B4 / D132 / S92

技 : はたき落とす/毒づき/おいうち/リサイクル


受けサイクルで重いゲンガー、カプ系、特殊アタッカーの誤魔化し、サイクルカット要員として採用。ただ種族値が足りない場面が多く、レヒレの瞑想水zやヒトムのボルチェンで削られて炎zで倒されるなど、体力管理を気をつけないといけない難しいポケモンであると感じた。選出率5位。レート2000まではこの枠にドヒドイデを入れていたので、ドヒドイデの個体紹介も後ほどしておきます。



f:id:KAME_pokomon:20181105011724p:plain

カバルドン@ゴツゴツメット

性格 : 腕白

特性 : すなおこし

努力値 : HP252 / B252 / D4

技 : じしん/氷の牙/どくどく/怠ける


ポリゴン2と同様に高火力物理アタッカーの受け駒。欠伸ではなく毒を採用した理由は、カビゴンが重かったからからです。相手の構築に高火力物理アタッカーが2匹以上いた場合は役割集中されて負けないように、ポリ2と役割分担して受ける立ち回りが重要だった。(ex ガルミミ)選出率4位。



f:id:KAME_pokomon:20181105012645p:plain

ヒードラン@食べ残し

性格 : 穏やか

特性 : もらい火

努力値 : H212 / D252 / S44

技 : 噴煙/ステルスロック/吠える/身代わり


毒守ではなく、受けサイクルで重いオニゴーリに最低限戦えるステロ吠える型で採用。相手の受けサイクルにも強く、ステロ+スカーフレヒレで抜いていく立ち回りも取れたのでこの型で採用して正解でした。身代わりは剣舞ガルドに対して有利に立ち回れたり汎用性が高い技でした。クレセゴーリに対してはレヒレドランと選出し、相手はドランの型を把握するとラス1ゴーリの形に持ってくるので、クレセが三日月の舞をするタイミングにレヒレを出し、オニゴーリにトリックを打ちドランで処理をする立ち回りをしなければならない。ただこれでも零度・ムラッけの試行回数はあるので負けたら割り切るしかないです。選出率6位。


f:id:KAME_pokomon:20181105014102p:plain

ドヒドイデ@氷z

性格 : 穏やか

特性 : 再生力

努力値 : HP252 / B116 / D140

技 : 熱湯/まとわりつく/黒い霧/自己再生


レート2000まではルカリオ対策としてベトベトンの代わりに採用していた。ドヒドイデを抜いたことによりレヒレ、ヒトム、ルカリオに対して安定しなくなったり一長一短だった。氷zにすることで剣舞ミミ、蝶舞ガモス、トリックロトムなどに対して安定した。しかし、氷z発動タイミングは相手の行動(積みorZ技)次第で択ゲーになるので、立ち回りに注意する必要がありました。まとわりつくを採用した理由は、挑発をうってくるカプ・レヒレテッカグヤにうつことで交換を許さず、熱湯火傷を狙いラティアスの起点にすることが可能だったからです。PPも多いためPP合戦に強かったこともgoodです。



【基本選出】

①メガアス + ポリ or カバ + ドラン or ベトン(ドヒド) 

②レヒレ + ポリorカバ + ドラン or ベトン(ドヒド)

③ポリ+カバ+ドランorベトン(ドヒド)


①は相手がボルトロスなどの特殊積みポケモンで受け構築を崩してくる場合、この選出をしていました。


②はカバマンダ系統の構築の場合、この選出していました。初手にコケコから来るかツルギから来るか判断しにくいので、両方ともにある程度対応出来るようにヒードランから選出していました。


③は物理高火力アタッカーが2匹以上いる場合、どちらかの物理受けが役割集中されて負けないようにガバとポリ2で役割分担するような立ち回りを心がけていました。



【S12総括】

S12対戦してくださった方々ありがとうございました!

今季はなかなか調子が良く100戦以内にレート2000を達成し、目標としていたレート2100を達成することが出来て満足はしています。しかし、レート2100から勝ちきれずズルズル負け込み溶かしてしまい自分の弱さを改めて実感しました。来季は2rom体制で万全な準備をし、高レートを目指して臨みたいです。



【余談】

構築記事タイトルの「パーフェクトゾーンプレス」は僕の好きなアニメである「イナズマイレブン」に登場する韓国代表ファイアードラゴンというチームの必殺タクティクスからとりました。

f:id:KAME_pokomon:20181105161424j:plain

↑好きなシーンです(笑)

実際このシーンになってしまったのは2100から溶かした僕のことでした😭



【おわりに】

ここまで長々と読んでくださり、ありがとうございました!メガラティアス自体を使用している人が少なく、新しいメガアスサイクルもなかなか開拓されていないので少しでもメガラティアスに興味を持って参考にしてくれる方がいたら嬉しいです😂

なにか質問等があればkame_pokomonまでお願いします。

またS13にお会いしましょう!それでは👊




【S11 レート2000達成構築】初手8割5分運ゲースタン


〜前語り〜

S11 お疲れ様でした、どうもKAMEです。

今季は第1関門であるレート2000を達成することは出来たが、目標である2100には程遠い最高レート2027で終わってしまいました。満足のいく結果ではありませんでしたが、もう使う予定もないので記事として残しておきます。


〜使用構築〜

f:id:KAME_pokomon:20180831210558p:plain


【構築経緯】

1番信用しているメガラティアスを軸として構築を組みたい→他に優れたポリドヒド→地面枠として相手の受けサイクルを無理矢理崩すグライオン→鋼枠にヒードラン→積みポケのストッパーとしてミミッキュ


【個体紹介】

メガラティアス  臆病HSベース 石


f:id:KAME_pokomon:20180831211827j:plain選出率5位

サイコショック

・10万ボルト

・瞑想

・羽休め


1番信用しているメガ枠。主に馬車受け・特殊ポケモンの詰ませ性能を役割とした。10万ボルトの採用意図は、ギャラドステッカグヤ・水妖。ドヒドイデの熱湯火傷+ナットカグヤなど中途半端な鋼タイプを起点に出来るのも強み。状態異常さえなければ最強。


ヒードラン 穏やかhdベース 半回復きのみf:id:KAME_pokomon:20180831212602j:plain選出率6位

・だいちのちから

・どくどく

・ほえる

ステルスロック


主にテテフ受け・リザX・耐久ポケモンに毒入れ・ゴーリ、ビビヨンに対して細やかな抵抗。この構築で1番信用していない。役割集中でどうしても本来の仕事が果たせていないので慎重な立ち回りが必要だなと思った。


ミミッキュ 意地 asベース 拘りスカーフ

f:id:KAME_pokomon:20180831213403p:plain選出率1位

・シャドークロー

・鬼火

・トリック

・みちづれ


地雷枠。主に初手に投げて崩し物理ポケモンに鬼火を入れ機能停止にする。(etcメタグロスマンムー・ガルーラ・クチートカミツルギバンギラスミミッキュに後投げされるエアームドテッカグヤナットレイにトリックでスカーフを押し付けた試合はほとんど勝てた。又化けの皮の行動保証により積まれたポケモンに無理矢理後投げして、みちづれや鬼火で役割を遂行させないMVPポケモン


ポリゴン2 図太い hbベース 進化の軌跡

f:id:KAME_pokomon:20180831214317j:plain選出率3位

イカサマ

れいとうビーム

・ほうでん

・自己再生


テンプレのポリゴン2。主にギャラドスボーマンダマンムーメタグロスなどの物理受け。マンムーの叩き+地面z、グロスのアムハン持ちが増えたことにより上記に述べたミミッキュの鬼火と絡めることでeasy winしやすくなる。怯み凍り麻痺運ゲぽけ。


ドヒドイデ 穏やか hdベース こおりz

f:id:KAME_pokomon:20180831214920j:plain選出率2位

・ねっとう

ヘドロばくだん

・黒い霧

・自己再生


主にゲッコウガ・レヒレウルガモス・特殊ガルド・特殊ルカリオロトム系統)の受け。バトンパの切り返し。穏やかにしたことで特殊アタッカーはもちろん、受け構築でキツい悪巧みルカリオの安定したストッパーになった。さらに今季のレヒレの型が体感、挑発瞑想が多く、ヘド爆+黒霧zでeasy winが可能。

Bに努力値を割いていないため物理受けは安定しないが、熱湯の技の強みでもある火傷で誤魔化すことも出来るので使いやすかった。


グライオン 慎重 hadベース どくどくだま

f:id:KAME_pokomon:20180831215526j:plain選出率4位

・じしん

・ハサミギロチン

・まもる

・羽休め


主に電気・ギルガルドの誤魔化し、相手の受けサイクルを崩す役割。しかし耐久混乱みコケコの増加や身代わりランドの増加に伴い、役割対象に勝てなくなってきたため今の環境にはあまり刺さっていないと感じた。ただハサミギロチンには無限の可能性があり幾たびのピンチを救ってくれた。今季の20チャレも✂️で決めてくれました。混乱みコケコを地震で落とせるくらいにはaに努力値を割くべき。


【総括】

一発屋から脱出するべく真面目にポケモン対戦に励んでいたが、本来の目標である2100に近づくことも出来ず悔しい思いをした。残りの今季は来季の構築をじっくり考えリベンジしたいと思う。詳しい調整が知りたい方がいましたらKAME_pokomonまで連絡してください。ここまで閲覧していただきありがとうございました!少しでも構築の参考になれたら嬉しいですm(_ _)m


【レート2000達成時】

f:id:KAME_pokomon:20180831220517j:plain

最高レートの写真は撮り忘れてしまったため省略させていただきますm(_ _)m



【S8使用構築】稲妻旋回バンギカグヤ with妹 【最高2112/最終2032】

S8.お疲れ様でした!どうもKAMEです。
無事今季20達成し、目標であった21を達成することが出来たため、構築記事として形に残しておきたいと思います。

《使用構築》

f:id:KAME_pokomon:20180222161614p:plain


《構築経緯》

ライボが使いたい。ライボ→カグヤである程度みれる。カグヤの苦手な炎タイプに強く、サイクルカットできるバンギ。バシャが重い→メガラティアス。ガッサ、両リザを誤魔化せる草食マリルリ。受け回しを崩すランド。


《戦績報告》

f:id:KAME_pokomon:20180303233442j:plain ←20達成時

f:id:KAME_pokomon:20180313023923p:plain←21達成時

f:id:KAME_pokomon:20180313024024j:plain←最高レート時


《個体紹介》

メガライボルト H108B20C148D4S228 臆病

f:id:KAME_pokomon:20180221230755j:plain〈避雷針→威嚇〉

ボルトチェンジ・火炎放射・毒・めざ氷

【耐久,Sライン→威嚇込無補正ガブ、ランドの地震確定耐え。無補正アゴ、ラティの流星群確定耐え。最速130族+2(実数値202)】 なるべくサイクル性能を高めるために耐久振。特性はカグヤに打たれる電気技を吸収出来る避雷針一択。初手からメガ進化するのではなく、必要なタイミングでメガ進化する。 毒はおもにカバ、ポリ、クレセあたりです。 毒さえ当ててくれれば良い子。選出率は堂々の1位。


テッカグヤ H164B252D92 呑気

f:id:KAME_pokomon:20180221232303j:plain @たべのこし

・ヘビーボンバー・火炎放射・守る・宿り木

【耐久ライン→ミミの補正A2⤴︎シャドクロ確定3。C特化テテフのサイキネ(29.5~35.2)眼鏡C特化(44.5~52.8)】

ライボ展開の引き先として採用。宿り木でサイクルの体力管理がしやすく、バンギとの相性が物凄く良かった。1サイクル目は守るを見せないことで2サイクルに守るが決まることが多かったので無闇に守るはしない。宿り木はちゃんと当ててください!冷凍パンチで凍らないでください!選出率2位。


バンギラス H252A12B12D204S28 慎重

f:id:KAME_pokomon:20180221234635j:plain@突撃チョッキ

・岩石封じ・噛み砕く・地震・追い討ち

【耐久ライン→無補正c2⤴︎顎の流星群Z(52.6~62.8)。補正c3⤴︎樹木の10万Z(81.6~96.1)。補正テテフのムンフォ(29.9~35.7)。】D方面で世界で1番硬いバンギラス。このダメ計をみてください。硬すぎです!w 特殊方面なら効果抜群の技でも体感半減くらいのダメージです。「慎重バンギは火力がない」と思われがちですが、カグヤの宿り木や砂ダメなどで相手を疲弊させることが出来るのでそこまで火力が欲しいと思ったことはありませんでした。選出率3位。


メガラティアス HS252C4 臆病

f:id:KAME_pokomon:20180222000922j:plain

サイコショック・10万ボルト・瞑想・羽

ライボカグヤバンギだとバシャが重いためラティアスを採用。バシャギャラ、バシャカグヤ、バシャレヒレなどバシャ絡みのサイクルに確実に強く出るため10万ボルトを採用。この技が思ったより刺さり採用して良かったです。身代わりも欲しい場面はありましたが、それよりも10万の方が良かったです。選出率5位。


ランドロス AS252H4 陽気

f:id:KAME_pokomon:20180222001813j:plain@地面Z

地震・撃ち落とす・毒・剣の舞

受け回し崩し要員として採用。身代わりの枠を毒にした理由はカバマンダガルドに対して強く出るため。カバをZで飛ばし、後続から出てくるマンダに上から毒をいれカグヤで詰めていく立ち回り。ただカバ対面で剣舞しても地面Z読みでマンダを後出しされたときは「飛行Zだったらどーしてたんだよぉおお」と嘆いてました。あと速い身代わりマンダはやめてね。選出率4位。


マリルリ H252B100D156 生意気 草食

f:id:KAME_pokomon:20180222002554j:plain@オボンのみ

・熱湯・毒・滅びの歌・守る

最遅個体。キノガッサ、両リザ、激流ゲコを誤魔化す枠として採用。なるべく疲弊させずに最後の滅びの歌で〆るような立ち回りを心がけた。読まれにくいバトン対策。選出率6位。


【配置学】

この構築の要の一つでもある配置。といいますと、左上にバンギを配置することによりメガバンギラスと錯覚させ、ラティアスはメガではないスカーフかゴツメ型。ランドはチョッキ、ゴツメ、スカーフ型などとバンギのサポートよりと思わせることができ、まったく違う型で意表をつけた。相手の選出を読むときにこちらのバンギがメガとして考えて選出してくるのでそこをうまく捉えることが大切です。


【重いポケモン

メガガルーラ(グロパン炎パン持)、霊獣ボルトロス(格闘Z)、ミトム、フェローチェ

こいつらがいると選出が縛られてしまうのが難点。立ち回りで誤魔化しましょう(汗。


【イラスト】

f:id:KAME_pokomon:20180324115755j:plain@rintarou9119


【総括】

長々とここまで閲覧してくださりありがとうございました!誰かの構築を参考にして作ったわけでもなく完全にオリジナルで新しい構築「ライボバンギカグヤ」を確立し、結果を残せることが出来て大満足しています。欲をいえば最終30位以内に入りたかった…笑

その目標は来季ということで!後日QRを出すと思うので良ければ使ってみてください。

質問があれば@KAME_pokomonまで。

S8お疲れ様でした!